ひっつき虫

冷風は体にぶつかり

春香はあたりに漂う。

ある子は私に声をかけた。

話しの途中に、その子のズボンにひっつき虫を付けたよ。

彼は、にこりと笑ったよ。

乱舞

宵闇に灯る光。

蛍の乱舞の開演だ!

小川はゆるりと流れてて

向かいの田んぼもちらほらと

けれども今は見ぬ光。

初夏の楽しみ今何処。

初夏の楽しみいまいずこ。