たまには晴れるさ

知人に会えば、その人の気持ちに釣られて一時的にでも元気になる。

空は冬特有の曇り続きでも、たまには晴れるように。

本質的には問題は解決しないのはわかっている。

それでもたまには、はっちゃけるのも良いことさ。

小休止

今日は束の間の小休止。

明日はどっちに転ぶか。

ひと月位は持たせるさ今まで通り。

それ以降は人の手を借りざるをえない。

人それぞれに試練はあるさ。

銀色の雲と冷たい風は、山並に化粧した。

暖冬なりに季節は進んでゆくよ。

雀は庭に飛んできて、なにか取って行ったよ。

私たちも冬本番に備えよう。

曇天

冬の曇天に心を曇らせて、

思い悩むは人の子か。

現世に重ねて苦しみあり。

誰がために今はある。何のために今は行く。

心の在処

晴れるとも曇るとも、悪いときはわるく良い時はよい。

ただ耐えるのみで年月は過ぎ去るが、全体として滑らかに悪化している。

全く自分も衰えているのにね。

天気とともに、心のありかもわかればいいのに…

wpについて

フリーのサーバーを借りているので、 容量が比較的少ないです。

前回の消えたブログのときはこのwordpressにプラグインを入れたり消したりして

既存のプラグインの更新ができなくなり、たまたま容量を確認したら

ほとんど空きがありませんでした。

FTPで不要なデータを消そうとしても、間違って必要なものも消しかねず

今回は必要のあまりないプラグインを入れず、必要最低限にして、

データーベースのバックアップは、サーバー内には保管せず、自分のPCに

保管することにしました。極力バックアップが必要な状況に

なりたくないですが、気持ちが少し楽になります!

容量の比較的少ないフリーサーバーですので、見栄えもなく写真もあまりいれず、

飾り気のないブログになります(^^)/

前ブログ俳句集

行く道に9次元の枯葉舞い落ちる

ふと見れば手はふやけたり大掃除

寒風に揺れて花咲きハイビスカス

年を越せムンクの叫びや師走哉

かじかんでスマホかざすか何とかペイ

喜寿なりて手足しびれる真冬かな

鼻づまり左が通れば右つまる

あったかき師走のおでんおでん哉

エルニーニョラニーニャ来ない冬来たり

紅白の梅はバラ科と書かれけり

春2個も下五の春も俳句かな

北風に部屋に入り込む小蜘蛛哉

年賀状毎年出すか出さざるや

有明の月見て帰る忘年会

蓑虫も見ない通りの秋の風

蓑虫のあまり見かけず木枯らしや